駐車場経営で土地活用【有意義な使い方でしっかり収益UP】

家

持ち家を賃貸に出したい

不動産

家賃収入を得られる

自分の持ち家に住んでいるが、どこか別の場所をやむを得ず引越しをしなければいけなくなってしまうケースは少なくありません。そんな時には家をどうしようか考えるものですが、また戻ってくる可能性もあるので、家を売ろうとは考えていないが、どうしても空き家の状態を無駄にしたくないので有効活用したいという方が多いでしょう。空き家となる家を有効活用したいのであれば、家を貸すという選択肢が一番オススメです。家を貸すためには、まず不動産屋さんへ相談をするのが一番です。信頼できる不動産屋を見つけて、とにかく今住んでいる家を貸したいということを伝えれば、それからはプロの方がきちんとその流れを教えてくれます。最初はいろいろな手続き等大変かもしれないですが、それでも借り手が見つかれば毎月家賃収入を得ることができるため非常にお得だと思います。

条件はきちんと決める

家を貸すということは、知らない方に家そのものを受け渡すということですので、ある程度の設備などの劣化は視野に入れておくべきです。もし、その方が家の中をわりと散らかしてしまう、掃除はめったにしない、というタイプの方であれば何年も家を貸すことを続けていると家の劣化は加速します。また、ペットはOKなのかどうか、など最初の賃貸契約を結ぶ段階、もしくは貸しに出すときにきちんと条件を決めておくことが必要です。そうしないと、大切な家に戻ってきたときにひどい状態になっていた、ということも考えられます。なので、不動産会社にきちんとこれだけは許せない、これだけはやめてほしいという条件をきちんと伝えておくことが大切です。